賃貸にお住まいのみなさま…壁紙に画びょうを刺してしまい、退去のときにオーナーさんに言われそう。なんてことありませんか?

持ち家にお住まいのみなさま…せっかくきれいにクロスを貼ってもらったのに、年数が経っても継ぎ目が目立ってきた! なんてことありますよね!

多くのご家庭で使われている白っぽいビニールクロスは、そんなトラブルもご自身で簡単にメンテナンスできちゃいます。

まずは、画びょうの穴を隠す、ほぼ0円コース。使用するものは、どのご家庭にもあるティッシュです!ティッシュの角をコヨリ状にして、ほんのさきっぽだけちぎります。そして壁の穴の中に差し込んで、クロスの柄になじむように爪で十文字の形などにこすってみてください。そして、1メートル離れて見ると…全然穴がわからなくなっていますよ!ぜひお試しください。

お次は、クロスのつなぎ目を目立たなくする、500円コース。ホームセンターにいったら、「ボンドコーク」という、チューブに入った接着剤のようなものが売っています。

これはプロのクロス職人も使用するアイテムなのですが、こよ商品のチューブの先を切って、中身をクロスのつなぎ目に塗りつけ、はみ出した部分を拭き取るってください。

少し技術はいりますが、2メートル離れて見ると…目立たなくなっているはずですよ!一生使えるテクニックです!ぜひお試しくださいね!

カテゴリー : DIY