カーテンは部屋の中で大きな面積を占めるため、部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。そのためその部屋の目的を考えずに趣味に走ったデザインのものを選ぶと、落ち着かない部屋になってしまうということもあり得ます。

そこでここでは部屋の雰囲気にマッチしたカーテン選びのコツを見ていきたいと思います。

家族が集まるリビングのカーテンに向いているのはベージュやグリーンといったアースカラーのタイプです。

家族全員が落ち着いて過ごせる上に、お客様を迎えた時にも強すぎる印象で威圧するということもないので快適な空間となります。

家族がいない一人暮らしの方も、長時間過ごすことを考えるとリビングは落ち着いた色のカーテンの方がリラックスできるので効果的です。

またワンルームなど比較的狭い部屋は白系や薄い色のカーテンがおすすめです。濃く重い感じのする色のカーテンは部屋をより狭く感じさせてしまいます。

カーテンは明るい色で、テーブルなどの家具を濃い目の色にすると広々と感じさせながらアクセントもきいた部屋になります。

日差しを遮ったりプライバシーを守るだけでなく、インテリアにも一役買ってくれるカーテンを賢く選び、快適な空間づくりを目指しましょう。

PR|壁紙のご相談はスマシアへ|