キッチンは住まいの中でも特に物が多く存在し、密度が高い場所であるといえます。限られたスペースであるため、リフォームする際には使いやすい収納を多くできるといいでしょう。

戸棚に関しては、安価な籠や箱などで小分けにして収納すると、使いたいものだけを片手で取り出せて便利です。戸棚の下半分をオープンにしておけば、普段使いのものを簡単に取り出すこともできます。

大型の収納部については仕切りを作っておくことによってフライパンや鍋の蓋などかさばるものを立てて収納できます。これならば重ねて収納するのより格段に取り出しやすくなります。

コンロの奥については、フックで必要なものをかけられるようにすると、使いやすいものが片手で取れて便利になります。加熱調理に必要なものを入れるスライド収納を設けてもいいでしょう。

カウンターの下に収納庫を新たに設定すれば、一目で中を見渡せる食器用のスペースにすることができます。出し入れしやすいワゴン型にするとさらに使いやすくなります。

PR|キッチンリフォームのコツ|