部屋でぐっすりと眠りたいと思った時、カーテンについて考えてみました。
今まで使っていたカーテンは、白い生地だったのです。
そのため、昼間に寝たいと思った時、寝ることができなかったのです。
夜勤をしていた時に、昼間に寝ることが必要です。
そんなとき、思い立ったのです。

 

そしてカーテンを黒い生地に変えることにしたのです。
それだったら、完全に部屋が暗くなるのでいいと思ったのです。
するとカーテンを勧めてくれた業者の人から、遮光のカーテンはどうかということでした。
それを使うことによって、ほぼ光を遮ることが出来るというのです。

 

見本として見てみると、本当にすごいです。
ほぼ光を感じることがないので、ぐっすりと眠ることは出来ると思ったんです。

 

実際に寝て見ると、夕方までぐっすりと眠ることができました。
それまでは、よく途中で目を覚ますことがあったのです。
遮光のカーテンにしてからは、よく寝ることができたと思っています。
悩んでいる人は、カーテンを変える事をおすすめします。

PR|ベッドルームの壁紙が快眠の決め手|